スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無事に出産しました!

2011年5月2日 17時00分、帝王切開にて
2225gの男の子を無事に出産しました。

入院80日目、36週5日でした。
産声を上げるまでに少し時間がかかりましたが、
小さな体からは想像もつかないくらい大きな声で泣いてくれ、
涙が溢れました。

連休ということもあり、
小さいので念のため保育器に入っていますが、
ちゃんとミルクも飲めるし、元気いっぱいです。
3連休明けには出られるかな。

今日はミルクをあげ、初抱っこさせてもらいました。感激。

私の方も、やはり前置胎盤でしたが、胎盤の癒着もなく、
出血も1500cc程度で、手術中に輸血せずに済みました。

とはいえヘモグロビンは9くらいに下がったので、
翌日、400ccだけ自己血を戻しましたが、元気です。

手術翌日は、80日の安静でいかに筋力が落ちたか痛感させられ、
夕方なんとか、歩いて息子に会いに行けたものの
体調も気持ちも最悪でしたが、今日は回復し、そもそも
傷の痛みはそれほどでもなく、術後の経過は極めて順調です。

担当医(私と同世代)が、歩いている私の姿を見て、
「すげー、80日安静入院してた人の術後2日目とは思えない」
って廊下でぼやいてました(^^)v


簡単ですが、取り急ぎご報告まで。
そのうち、産後の肥立ちに影響しない程度のペースで、
当日以降のことをまとめてようと思います。
コメントくださった皆様へのお礼も。

今まで応援してくださって、
本当に本当にありがとうございました。
皆さんのおかげで、なんとか私も母親になることができました。


ちなみに…


術後すぐ病室を訪ねてくれた主治医の言葉は、
お疲れさま、でも、頑張ったね、でもなく、

「やっと、これからだな。」

でした(^^)
スポンサーサイト

36W4D 入院79日目 予定帝王切開前日

気がつけば、もう出産まで24時間を切りました。
今もぐにょぐにょ動いているお腹のこの子が、
明日の今頃は産まれてるなんて、
まだなんか信じられません。

今朝、主治医が、その後気持ちの整理がついたか、
様子を見にきてくれました。
昨日と違って、とびきり優しい顔で。

「どう?」
「大丈夫です^^ 明日はちょうど80日目だし!」
「そっか。」
「よろしくお願いします!」

たったそれだけの会話だけど、
言葉以上に、優しさに溢れた先生の表情に、
ココロがす~っと楽になっていきました。

思えば、術前説明の翌日も、
「おとうさんはショックから立ち直ったかな?」
って、夫のことまでちゃんと気遣ってくれていました。

自然分娩が叶わないどころか、
かなりハイリスクな帝王切開になってしまいましたが、
大好きな、こんなに素晴らしい先生に、
初めての赤ちゃんをとりあげてもらえるんだから、
私は幸せです。


手術前日の今日は、
NSTで赤ちゃんが元気なことを確認し、
お腹の毛を剃ってもらいました。
といっても、自分では全く見えないのが、なんだか笑える。
鏡で見てみましたが、ほとんど気にならない感じです。

今晩は21時以降、禁飲食。

明日は、朝、点滴を抜いてシャワーを浴び、
手術着に着替え、
手術用の太い点滴針に刺し替えます。

手術は13時の予定となっていますが、
後ろにずれる可能性大らしく、
(そもそも急に無理やり突っ込んだ予定手術だし、
 13時なんていつも外来終わってないし…)
ウテメリンは明日の12時半に止めるそうです。

浣腸は、刺激で出血すると困るので、しないとのこと。

平日とはいえGW中なので、輸血も、自己血の他に、
前もって少し手配したそうです。

着々と準備が進んでいきます。


今晩は、夫婦二人最後の夜。
夫とゆっくり話そうと思います。


*****
結局、私の母が、筍の煮物や鰻を持って来てくれ、
夜は3人でワイワイ過ごしました。(笑)

ま、明日の昼、夫への感謝をちゃんと伝えようと思います。

36W3D 入院78日目 急遽、あさって出産します!

出血については、先生もはじめから、
量からして中からの出血なはずはないと思っていたようで、
特に問題になることもありませんでした。

が、結局、手術の予定は1週間繰り上げになり、
明後日、5/2(月)に予定帝王切開で出産することになりました。

先生たちに朝からいろいろ言って、
担当医は気持ちを受け止めてくれましたが、
ちょうど夫と電話している時、主治医がやってきて、

最終的に、

赤ちゃんは産まれてももう何の問題もない。
36週に入れば、この先は機能には変わりなく、
違いは体重が少し増えるだけ、早産扱いもしていない。

点滴を減らして3連休に陣痛が来て緊急手術になったら、
人員と輸血の問題もあるし、赤ちゃんにとっても、
小児科の先生がいる2日の方がむしろ安全。
ここで欲張っても何の意味もない。

ということで、3連休を越すことは許してもらえませんでした。

それでも、どうしてもダメですかと頼んでみたけど、
「ダメです」と強い口調で言われ、その先生の表情を見て、
それが一番いいんだ、もう仕方ない、と諦めました。

涙を浮かべる私に、
いつもの穏やかな顔に戻った主治医は、

「正式決定したら◯◯先生が言いに来るから、
 それまでに気持ち整理しときなさい。
 おとうさん(夫)とも話してね。」

と言って、去って行きました。

先生だって、”医師として”よりベターな決断をしただけで、
別に意地悪してるわけじゃないものね…。

またちょっと泣いたけど、もう落ち着きました。

もう、無事に産まれてくれて、
赤ちゃんも私も元気に退院できれば、
週数なんてどうだっていいです。

正期産なんて、ただの線引きだもの。

肝臓悪くなっちゃって、お酒飲めなくなったら困るし、
それこそ最終的に高血圧なんかになっちゃって、
二人目の妊娠が最初からハイリスクになっちゃったら怖いし。

5月2日って、なんか響きもいいし、友引で日柄もいいし、
ちょうど入院から80日目でキリもいいし。

もうちょっとで点滴ともおさらばできるし、
1週間早く退院できるし!

大きなお腹も胎動も、急にあと40時間でお別れかと思うと、
名残惜しいですが、もうすぐこの子に会えるんですものね。


というわけで、明後日、出産します!!

36W2D 入院77日目 あと10日、準備万端で…出血!?

昨日、3回目の自己血貯血が済み、
目標の1200cc、無事に貯血が完了しました。
緊急手術になった場合でも、ちゃんと使えるそうです。

さらに、帝王切開用の入院スケジュールの紙をもらって
ざっと説明を受け、早々と『お産セット』を渡されました。
この病院のは、産後に必要なものがほとんど揃っていて、
母親のパジャマや洗面用具、赤ちゃんの退院時の服以外、
なーんにも必要ありません。

で、いつ緊急帝王切開になってもいいように、と。
まるで緊急も予定のうち、みたいな感じです(苦笑)

というわけで、準備万端、あとはもう本当に、
点滴しながらその日を待つだけになりました。


ところが、本日。

休みにもかかわらず来てくれる担当医から、昨日の採血で、
肝機能の数値が、正常範囲を若干上回ったとの話が。

長期のウテメリン点滴と、赤ちゃんが大きくなってきて、
私の体に負担がかかってきているようです。
出産すれば回復するけれど、酷くなりすぎると、
産後の体にも影響するとのこと。

今日も採血し、跳ね上がったりはしていませんでしたが、
様子を見て主治医と相談し、危ないようなら、連休もあるので、
手術の予定を早めるかも…、と。

話を聞いている時は冷静だったのですが、
来週の月曜だとまだ36週5日、37週が目の前なのに、
せっかくここまで頑張ったのに、せめて金曜なら…、
少しでもお腹に入れておいてあげたいのに、
なんでこんな時に限って連休なのよ…、
と、悲しくなってきてしまいました。

大出血してしまったなら、諦めがつきますが、
自分の体が限界かもなんて、
どうやって気持ちの整理をつけたらいいんだろう…。

自信がなくなり、久々に涙が出てきてしまい、
午後、様子を見にきた大好きなベテラン助産師さんに、
泣きながら話を聞いてもらいました。

聞いてもらうだけでも、気持ちが楽になります。

まだ決まったわけじゃないし、
とりあえず先生に、言いたいことは言って、
それから先生が決めたことなら、それが一番いいはずだし、
その時は諦めましょ、
でも、ここまで頑張ったんだから、言っていいのよ。
私からも話しておくから、と。

あんまりそんなこと考えてると、お腹張っちゃうわよ、
と笑われ、少し楽になりました。

そうだ、気分転換に、のだめの映画の録画でも見よう!

その前に、トイレに行って、と。


…その時、事件が起きました。


トイレで、ティッシュに、
直径2mm程の小さな、でも真っ赤な点が…(@_@)

えっ、これって出血?!
それっきり、何度拭いても何も付かないし、
どこから出たのかもわからない感じでしたが、
ナースコールして助産師さんに提出?しました。

先生にも電話してくれたみたいですが、
慌てて診察するほどのことではないようで、
張りもないので、助産師さんが赤ちゃんの心音だけ確認し、
(めちゃめちゃ元気いっぱい(^^;))
とりあえず、今日は極力安静にとのことです。

しかしながら、元々、布ナプ生活だったので、
妊娠後はショーツに何もつけておらず、
生理用ナプキンを持ってきていない私。

助産師さんが、これでいいわ!と気づき、
早速、お産セットの中から、
お産パッド(産褥ナプキン)のSを取り出して装着。
コレ、産前に使った人なんているかしらね(~。~;)?

慌てて先生が飛んでくる状況ではないものの、
助産師さんが当直の先生に伝言している声が…。
(私の部屋、ナースステーションの正面なので)

「もしカイザー(帝王切開)になったら、
◯◯先生と□□先生(主治医と担当医)でやるから、だって」

…それって、間違いなく私のことよね(^^;)
先生、せっかくの休みにハラハラさせてごめんよー。

出血しちゃったら諦めがつく、
なんて思ったのがいけなかったのか!?

助産師さんたちも、手術予定が早まるかもって、
私がショックを受けてたと知り、
(出血の原因は)それだ~!
なんて笑ってたみたいです(苦笑)

やっぱり、予定より早い出産になるのかな…!?
ええい、もう、しょうがないかー(>.<)
息子よ、ママを許してね!

これから来る夫と一緒に、心の準備をしておかなきゃ。

そんなわけで、GWは波乱の幕開けとなりました。
あー、なんかドキドキです(゚o゚;

36W0D 入院75日目 臨月しみじみ

ついに36週、妊娠10ヶ月に入りました!

回診に来た先生が(彼女も妊婦)、開口一番、大きな声で、
「36週おめでとうございま~す!」
と言ってくれて、本当に嬉しかった。

この数日、自分でも急にお腹が大きくなったと感じましたが、
本日の妊婦健診で、子宮底長は31cm(先週28cm)。
体重は、先週から300g増(妊娠前+5.3kg)でした。
増えたほとんどは赤ちゃんの分ですね。

息子は、相変わらず細長い頭ですが、すくすく成長。
大きく基準を下回ってしまうBPD(頭の横幅)を使っての
あてにならない推定体重でも、本日、ついに約2000gに!
今回も、キビシ目に測る担当医による計測です。

HC(頭の円周)でも計算できたらいいのにね。
ここまでくると、実際とどれだけ違うか逆に楽しみです(^^;)
主治医は、希望も込めて、予定手術で産まれたとして、
予測が難しいけど、2300~2500くらいかなぁ、と。

胎盤の機能も、まだ大丈夫そうです。


25週から入院生活が続き、どれだけ先なんだろう、
そんな日は本当に来るんだろうか?と、
目標にすることさえできなかった、臨月。

低置胎盤、そして前置胎盤と言われ、
分娩方法がどうのこうのの前に、
どれだけお腹の中に入れておけるかが勝負だと言われ、
心のどこかに、大出血して早産になるのかもしれない、
という不安と覚悟もありました。

手術、不妊治療、体外受精、切迫早産で長期入院…。
もしかして、緊急搬送、MFICU、NICUまで経験しないと、
私は母親になれないのだろうか、
おっきなお腹の妊娠10ヶ月なんて、来ないのかも、と。

自由を奪われ、ずっと病院で24時間点滴に繋がれ、
トイレ以外歩くことも許されない生活は
本当に辛く苦しかったけど、たくさんのスタッフに、
36週おめでとう、頑張ったね!と言ってもらうことができ、
お腹の赤ちゃんにとっては、これが最良だったのだと、
今になってやっと、心からそう思えます。

「22週を過ぎたら、もうお母さんなんだよ。
 お腹の子を守れるのは、お母さんだけなんだよ。」

ふと、主治医に言われた言葉を思い出しました。

無事に出産するというゴールはまだこれからだけど…。

大勢の産婦人科医師、助産師さん、婦人科の看護師さん、
もう知らない人はいない産婦人科病棟の何十人ものスタッフ
みんなに、我が子は見守られ、祝福してもらえるんだな。

……それも悪くないかもしれません。
パパとはこれからずっと一緒に暮らせるんだしね。

無事に産まれたら、大好きな先生たちとはもちろん、
できるだけたくさんの、助産師さん看護師さんに
入ってもらって、記念写真を撮ろう。

家族や親戚やママの友達以外にも、
こんなにたくさんの人が、キミの成長を願って、
無事に産まれるのを待っててくれたんだよ、って。

それまであと少し、ママは頑張らなくては!


息子の誕生予定日まで、あと12日です!
プロフィール

Clara♪

Author:Clara♪
2年間の不妊治療を経て体外受精で妊娠したものの、全前置胎盤で3ヶ月の長期入院。2011年5月になんとか長男を2225gで出産しました。

2013年2月、凍結胚移植にて二人目を妊娠、出産予定日は11月13日…といっても帝王切開なので、10月下旬に出産予定。

ピアノを弾いていましたが現在は子育て専業状態の36歳です。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング参加中
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精から妊娠へ
にほんブログ村 マタニティーブログ ハイリスク出産へ
Pink Ribbon 2010
検索フォーム
お気に入り
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。