スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リセット間近

D26 36.80℃

高温期13日目。
予想通り下がってきた・・・のかな?
夏はイマイチ信用できない基礎体温ですが、
明日には、これが下降ラインなのか、
はっきりわかることでしょう。

下降ラインだとすると、土曜日リセットかな。
となると、週明けすぐ、月曜から注射スタートかしら?

転院したばかりだし、初めてのことなので、
今回の誘発の注射は、クリニックに毎日通うつもりです。

近所の婦人科に頼めたら楽だけど、義実家と我が家は
同じ町内=これからもずっと地元になる土地なので、
近所の人とかに会ったら嫌なので諦めました。

どうしても暑い時間帯に出かけなければいけないから、
来週は、暑さが落ち着いてくれるといいなぁ。

気になるのは、ひたすら来週のことばかり(^^;
これは今週やっておこう!とか、この時間は取れるかな?とか、
レッスンの帰りにクリニック寄ることになるかな?とか・・・。

でも今日は、口の中の痛みもだいぶ治まり、
義父も一緒に、酢豚でビールを楽しみました♪

義母も、昨晩ついに点滴のラインも抜け、
五分がゆに前進し、どんどん元気になっている様子。
あと2,3日で常食かな^^

明日は、私の父と一緒に義母のお見舞いに行き、
夜は夫と、松屋銀座でやっている「ゲゲゲ展」を見て
外で食べちゃう予定なので、少しのんびりです^^
(ホントは必死でピアノさらわなきゃいけないんだけど、苦笑)

父に、体外のこと話そうかな。

それにしても、明日の体温、気になる~(笑)

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

初体外直前、最後のタイミング

D14 36.89℃

一気に体温上がった~^^
どうやら排卵したみたいです。

昨日も書いたけど、体外を控えた今周期、
AIHも希望しなかったし、
ぜんっぜん期待してないんですよね。

まぁ、奇跡っていうのも、
やることやらなきゃ起こりようがないですから、
排卵にあわせる感じで仲良くしてますが、
私自身、期待する気持ちははっきりいってゼロ(苦笑)

冷めたり、やさぐれたりはしてませんが、
なんというか、そこに過度の期待はないし、
毎日ご飯食べて、美味しいね~って思うような、
ごく普通の日常生活的な感覚であります。
自然妊娠!?できたら、そりゃいいよねー、みたいな。

高温期への移行が稀に見るスムーズさでも、
だから期待しちゃう、ということもなく、
どちらかといえば次周期こそ、
順調に卵が育って欲しいなと思うばかりです。

そんな中、夫が、笑わせてくれました。

仲良し後、「がんばれー!!」と
お腹のおたまくんにエールを送る旦那さんっていうのは
どこかで聞いたことがある気がしますが・・・。

今朝は、うちの夫も久々にお腹に話しかけていたので、
調子を合わせて、排卵は右だよと教えてあげたんです。

そうしたら、

「よーし、右だ、右だぞー!こっちだよー!
 がんばれー!ゴールできたら、
 ご褒美に、成人したら50万あげるよー!」

なんて言ってるではありませんか。(苦笑)

「あのさー、それって注射とか薬代入ってないし、
 うまく凍結まで出来たら、たぶん80万近くかかるよ。」

「えっ!? よーし、増額だ~、80万あげるよー!
 おもちゃでも何でも買ってあげるよー!がんばれー!」


あ、アホかこいつ・・・。


人参がないと頑張れない子じゃ困りますよ。(笑)

まぁ、もちろん、お金の話は冗談ですが(^^;

っていうか、この先、注射も採卵もない夫には、
今は、お金しか、痛みの予想がつかないんだなぁ。

と、後になってふと思ってみたり。
稼いでくるのは夫だから仕方ないか。

まぁ、うちの夫はもともと神経質で心配性な人だから、
必要以上に心配されても面倒なので、ちょうどいいかな。

ま、笑ってる眺めてるだけの妻より、
ダメもとでもお腹にエールを送る夫のほうが、
よっぽど健気ですね(^^;

初体外スケジュール決定!

D12 36.53℃

予告どおり、バタバタした毎日を送っております。
これが夏じゃなければ、
夜に更新したりできるかなと思うのですが、
やっぱり、暑さで体力消耗してるのか、
メラトニンが出る時刻には、
しっかり眠くなってしまって頑張れません...zzz

おかげさまで義母の手術はなんとか無事に終了し、
やはり癌だったものの、転移はなかったようです。
ただし術中の出血量が多く、再出血の危険もあり
この1週間は予断を許さない状況とのこと。
頑張ってと声をかけることしかできませんが、
義母の生命力を信じて、義父をサポートし、
毎日を大切に過ごしたいと思います。

*****

さて、D10の一昨日、クリニックに行ってきました。
初体外に向け、卵巣刺激の方法を決めたり、
スケジュールを立てるための診察です。

お話なしでいきなり内診室に呼ばれてちょっとびっくり(苦笑)
しかも初めての内診室、広~いし、勝手がわからないし、
医師との間がカーテンで仕切られてないのなんて初めてだし、
内診台も違うタイプで、ドキドキ緊張しちゃいました(笑)

さっそくエコーで子宮と卵巣をチェック。

前の病院より、エコーの画像がかなりクリアで感激♪
プローべの感触もちょっと違う!?
ピタッと密着度が高いような・・・。

まず、子宮。後ろに傾いていて、
でも不妊には関係ないことは、前から知っていたし、
きちんと内膜も厚くなってますね~とのことで一安心。

で、卵巣。
サイズは聞かないでしまったけど、
右に順調に成長してる子が1ついました。

今まで、見えないことが多かった左も、
ちゃんと見えて、成長の止まった小さな卵胞がいくつか。

また右からの排卵ということで、
今まで、左から1回ぐらいしか排卵してないんですが・・・と
ずっと気になっていることを聞いてみました。

白い粒々?があると育ちにくかったりするが、それもないし、
おそらく刺激すればちゃんと卵はできるでしょうとのこと。
ただ、右と左で卵巣の大きさがけっこう違うので、
もしかすると、排卵させる力は右の方があるかもしれないけど、
特に心配ないそうです~。
ま、成長さえしてくれれば、取り出しちゃうわけですしね(^^;

私の卵巣、先生のお見立てでは、
一応、悪い評価ではないみたいで、ホッとしました。
まぁ、卵の質は、採卵してみないとわからないそうですが。

で、診察室でお話をしまして、
次の生理が来たら、体外受精(たぶん顕微)スタートです^^

もらった紙には、HMG only法って書いてありましたが、
いわゆるアンタゴニスト法になるのかな?

副作用や身体への負担がいちばん少なく、
質のいい卵が取れる方法、だそうです^^

生理3日目からゴナピュール225単位を連日注射。
卵胞が大きくなってきたら、
GnRHアンタゴニスト製剤(ガニレスト)で排卵を抑制、
36時間前にHCGを打って、採卵となるようです。
採卵から3日目に、相談して移植とのことでした。

何か質問はありますか?と聞いてくださいましたが、
何を質問したらよいかわからず(苦笑)

その後、看護師さんから今後の詳しいお話があり、
やはり「わからないことありますか?」と言われましたが
「何がわからないのか、わからない感じで・・・」と苦笑。
「そうですよね~」と、とても感じのいい看護師さんでした。

その後、感染症スクリーニングの採血をして終了。

次は、生理が来たらクリニックに電話です。
前周期に妊娠の可能性のある人は、
生理だと思っても違う場合があるので、
検査薬で陰性を確認しなくちゃいけないそうです。
ひー、奇跡が起きてないことの確認か。(苦笑)

とりあえず、めげずにタイミングは取り始めましたけどね。

いよいよスタートラインが見えてきました^^

夏バテしないように、頑張らなくては!
プロフィール

Clara♪

Author:Clara♪
2年間の不妊治療を経て体外受精で妊娠したものの、全前置胎盤で3ヶ月の長期入院。2011年5月になんとか長男を2225gで出産しました。

2013年2月、凍結胚移植にて二人目を妊娠、出産予定日は11月13日…といっても帝王切開なので、10月下旬に出産予定。

ピアノを弾いていましたが現在は子育て専業状態の36歳です。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング参加中
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精から妊娠へ
にほんブログ村 マタニティーブログ ハイリスク出産へ
Pink Ribbon 2010
検索フォーム
お気に入り
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。