スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

婦人科と私5 子宮内膜増殖症 手術編

(婦人科と私4 子宮内膜増殖症 後編 の続きです)

今をさかのぼること1年半前。
(えー、わずかそれだけしか経ってないのか。)

モヤモヤした不安や鬱陶しい中間期出血から解放されたい。
気分を一新して本格的に子作りをしよう!

そんな思いで決意した手術の日がやってきました。
子宮内膜増殖症が発覚してから約3年半、2008年10月のことです。

同意書には、子宮内膜掻爬+子宮頚管拡張術とありました。
医師は、D&Cとか、アウスとか言うんですね。
そういうのが聞こえると、おお、医療ドラマみたい!
と思ってしまうミーハーな私です(笑)

水分を吸って膨らむ棒状のもの(ラミセル)を挿入し、
作業しやすいように、前もって子宮頚管を拡げておき、
麻酔をかけて内膜を掻き出します。

子宮内膜掻爬術は、簡単な手術なので、
日帰りの病院が多いようですが、私の病院は1泊2日。
なるべくゆっくり時間をかけて頸管拡張するためのようです。

麻酔をかけてから一気に拡げる先生もいるそうですが、
ゆっくり少しずつ拡げるほうが、望ましいみたい。
まだ出産もしてないので、私としては、
慎重に扱ってもらえる方がありがたいです。

ちなみに掻爬の手術は、麻酔なしでやる先生もいるそうです。
ちょっと内膜をとられるだけでも痛いのに、なんと恐ろしい。
まぁ、麻酔はたしかに体に負担はかかりますが、
それ以上に、痛みのショックでどうかなっちゃいそう・・・。
とにかくその病院じゃなくてよかった。

私の病院では、11時のオペに向け、
前日の夜からじわじわ子宮頚管を拡げます。
感染源になるし、痛みが酷かったり、トイレで出ちゃったりとか、
そういうこともあるから、前泊するみたい。

挿入してしまうと、シャワーなどは厳禁なので、
入院早々シャワーを浴びさせてもらって、サッパリ。
処置は夕食前と言われたのですが、
先生が忙しかったようで、結局食後、20時頃でした。

ラミセル(ラミナリアというのもあるようですね)挿入は、
痛いとネットなどで見ていたので、少し怯えていましたが、
入れる前に先生が、
「言ってくれれば痛み止めも出せるし、
どうしても痛くて我慢できないようなら、
麻酔をかけてからそっと拡げるから大丈夫だよ。」
と優しい言葉をかけてくれ、緊張が解けました。

3mmのラミセルを手に、
「入るかなー、内視鏡が平気なんだから大丈夫だろー、
よーし、入った。」
と先生自ら実況中継?しながら無事に終了。

一瞬、ツーっという痛みがありましたが、その後は、
違和感はあるものの、痛いというほどではなく、
ホッとしているうちに消灯、同時に21時以降、絶飲食。
よく寝ました(笑)

翌朝は、7時に看護師さんに優しく起こされ、検温。
7時半には点滴が始まりました。

そして、ラミセルを一段太いものに交換。
「うーん、微妙だなー」と言いつつ、
結局、5mmが入ったみたい。

その後、病室を回っていた先生が、
「気分どう?」と声をかけてくれました。
さりげない一言で、不安が少しずつ消えていきます。

それまで、外来でしか会ったことなかったけど、
外来もいつも混んでて大変だなぁと思っていたけど、
それ以外も、朝早くから夜まで、先生はずっと病院にいるんですね。
ミスも許されないし、ホント大変な仕事だなぁ。

11時オペの予定でしたが、
緊急帝王切開が入ったそうで、少し遅れると、
別の先生が伝えにきてくれたのですが、
「今、○○先生、向こうで頑張ってますからね、
もうちょっと待っててくださいね~^^」と
若い男の先生の、お育ちのよさそーな笑顔に、
めちゃめちゃ癒されました。

ちなみにそれ以来、その先生は、私の癒し的存在です(笑)
今はいなくなっちゃったけど、助手だった、
研修医の女医さんも、美人で可愛くて、親しみやすかったなぁ。

やがて呼ばれ、ストレッチャーで手術室へ。
元気なので恥ずかしい。
コンタクトNGで、メガネも持ち込めないから、何も見えない(泣)

心電図と血圧計、酸素マスクがつけられ、
静脈麻酔の点滴であっというまに眠るうちに、終了。
オペ室に入ってから出るまで、30分もかからなかったようです。

終わりましたよーという声は聞こえるものの、
天井がぐるぐる回ってどこだかわからず、違う病室かと思うほど。
とても起きていられず、そのまま寝ました。

しばらくして目が覚め、看護師さんの付き添いで初トイレ。
フラフラだし気持ちが悪い。
水を飲んで出しちゃったほうがいいと言われ、水分摂取。

少し楽になってきたのをいいことに、うっかり
母が冷蔵庫に入れてくれてた梨を食べたら、
また気持ち悪くなって、トイレで吐いちゃいました。
頭もガンガン痛いし。

起きているのが辛かったので、また寝ていると、
「そろそろ起きましょうねー」と、
半ば無理やりベッドを起こされ、時間とともになんとか回復。

どうも、私は、麻酔の抜けが悪い人のようです。

肝心のお腹のほうは、何事もなかったかのよう。

シーツのパッドに、茶色いシミがあったので、
術後こんなに出血したの?と焦って聞いたら、イソジンでした。(笑)

17時過ぎ、先生に診察してもらい、問題ないと退院許可。
掻き出した内膜の写真を、デジカメで見せてくれました。

これで凸凹もなくなって、排卵期の出血からも解放されて、
妊娠できるといいなと思いつつ、タクシーで帰宅。

付き添ってくれた母は、
「今時いない、いかにもお医者様って感じで、素晴らしい先生ね、
あんな先生見たことないわー、授かれたらここで産めたらいいわね!」
と、やたら感激していました。

まだ子供も産んでいないのに、何かあったらどうするの・・・
と心配していた母でしたが、この先生なら大丈夫と思ったみたい。
先生は、オペ室を出てすぐ、母にシャーレの内膜を見せながら、
「子宮も傷つけてませんよ」と、にっこり、安心させてくれたそうです。

人生初の産婦人科病棟は、先生も看護師さんたちもあたたかく、
1泊2日の間に、2つの新しい生命誕生の声が聞こえ、感動。
病棟内も、部屋の位置から、お風呂の予約の仕方まで、
しっかり下見できちゃいましたよ(笑)。

さらに、直前の緊急帝王切開の患者さんはなんと、
掻爬したあと、授かったということを知り、
(母が控室で、ご家族と話したらしい、笑)
私の目の前には明るい未来が広がっている!
その時は、そう信じて疑いませんでした。

なんて健気な、1年半前の私・・・。


入院・手術(1泊2日)¥27,360
差額ベッド代(5,250×2)¥10,500   計¥37,860
 ※加入していた生命保険から、手術給付金が5万円出ました


(術後編につづきます)
スポンサーサイト

婦人科と私4 子宮内膜増殖症 後編

(婦人科と私3 子宮内膜増殖症 前編 の続きです)

ずるずると通院をサボること1年半、
すっかり足が遠のいてしまっていた産婦人科。

2007年の春、痒みに耐え切れず、恐る恐る受診すると、
先生は、下を向いてカルテを見たまま、
視線だけをちらっとこちらに向けながら、
「Clara♪さん、あなたは子宮内膜増殖症なのに、
ずっと来てなくて・・・知りませんよ。」
予想通り、しっかりお小言を頂戴しました(苦笑)

そうなんです、普通の人より怪しいんだから、
私は、内膜の組織診も、年に1度したほうがいいんです。

子宮体がんの検査をしたことのある方はわかると思いますが、
無麻酔で子宮内膜を引っ掻き取るので、痛いんですよね。
どんなに先生の腕がよくても、痛いものは痛い!
いまだに、あの検査だけは、
やると言われたら、一瞬、顔が歪んでしまいます(^^;

まぁ、幸い問題なかったのですが、そんな感じで、
また中間期の出血が増えてきていたので相談したり、
時々通院するようになりました。

心配な不正出血でないことはわかっていましたが、
その頃の私の中間期出血は、排卵前後の1週間ほど続き、
量も、日によっておりものシートでは足りず
ナプキンをせざるを得なかったりで、
本当に鬱陶しいものでした。
でも、これを止めるのは、なかなか難しいのだそうです。

その頃、慣れなかった結婚生活も2年目になって
少し落ち着いてきて、そろそろ本気で
子供がほしいなぁと思うようになったのですが、
(そもそも結婚以来、避妊はしていませんでしたが)
大事な時期に、生理中のように鬱陶しくて
仲良しもあまり気が進まず・・・。

そうこうするうちに、2008年6月、久しぶりに
内視鏡をしようかということになり、結果、
やはり、けっこう凸凹でモリモリしていました。
かろうじて、子宮底だけつるんと保たれている感じ。

ただ、明らかに妊娠の邪魔をしているとは言い切れないので、
半年か1年くらい自分達で様子をみて
それで妊娠しないようなら、また考えてもいいし、
思い切って掻爬の手術をして、
一度きれいにしてもいいし・・・と。

迷うところですが、
半年たっても事態は変わらない気がして、
少しでも現状を変えられればと思い、
先生を信頼していたので、恐怖もなかったし、
手術をお願いしました。

ところが、夫がいい顔をしません。
最近はずいぶん変わってくれましたが、
当時は、かなり猜疑心が強く、神経質で心配性だった夫。

掻爬というと、今なら、流産の手術というイメージですが、
まだ妊娠がそこまで近い存在でなかったせいか、
夫は、人工妊娠中絶のイメージが強く、
中絶というと、リスクの方が強調されていますよね。

その頃、私のピアノの予定が詰まっていたので、
夏の講習会が終わるのを待って、それから
日にちを決めようということになっていたのですが、
2ヶ月くらいあったのに、それまでには納得してもらえず、
そのことを話すと、先生もちょっとイライラ気味(苦笑)

じゃあ、もう一回、内視鏡やるか、と。
もちろん、妊娠しちゃえばやらないから^^
という希望をもちつつでしたが、撃沈。
(タイミング指導などはしてもらってませんけど)

この時、中は相変わらずモリモリしていたのですが、
先生から見て、疑わしい嫌な感じのものがあったのか、
同時にやった組織検査がすごく念入りで、
「ごめん、もうちょっと、これでダメなら無理しないから」
と言われながら、史上最高に痛いものでした。

そして、それまで、凸凹してポリープがあっても、
妊娠できてしまえば問題ないと言っていたのに、
もし癌があったりすると、妊娠すると
マスクされちゃうからね・・・と歯切れが悪い先生。

ええぇ、そんな、嘘でしょ!?
しかも、しっかり見てもらうためなのか、
検査のオーダーに、増殖症じゃなくて、
子宮体癌の疑いって書いてるし・・・。

さらに、検査の結果を待って術式を決めさせてくれと。
掻爬だと、全部一緒になっちゃうから、
どの辺にあったのかわからなくなってしまうので、
もし、顔つきの悪い細胞がいたら、
子宮鏡下で確認しながらしっかり取った方がいいからと。

え、ついこないだまで、掻爬だって、してもしなくても
どっちでもいいって、言ってなかったっけ!?

急に怖くなりました。
さすがにそれを伝えると、夫もしぶしぶ承諾。

幸い、掻爬で十分でしょうという結論が出て、まず一安心。

こうして2008年10月、1泊2日で、
子宮内膜掻爬術を受けることが決まりました。


(手術編に続きます)


読んでくださってありがとうございます。
ランキング、よかったらポチっと応援お願いします^^



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マタニティーブログ 未妊へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 人工授精へ
にほんブログ村

婦人科と私3 子宮内膜増殖症 前編

不妊治療を始める前の、今の病院でのことを、
2回に分けて書いてみようかと思います。

2005年5月、貧血の精査のために受診して、
今の先生と出会った時、私自身の気になる症状としては、
排卵期の出血と、多少、生理に塊が多いかな、ぐらいでした。

周期はほとんど狂うこともなかったし、
生理の量も、困るほどではないと思ったし、
生理痛も普通程度なんじゃないかなと思います。

もう記憶の遥か彼方ですが、最初に内診してもらった時、
なんて丁寧で優しい先生なんだろうって思ったことは覚えています。

内診後、言われたのは、
周期に対して内膜が厚いということ、
そしてポリープのようなものがあるように見えること。
はっきり調べるために、MRIと内視鏡検査をしましょうと。

自分の子宮は後屈だというのも初めて知りました。
(後屈自体は、特に問題はないようですが)
以前、腺筋症気味と言われたことを話したら、
「腺筋症ではないよ。治ったのかもしれないけど。」
と、はっきり答えてくれ、安心しました。

そしてMRIを撮るも、ガンでないのは確かでしたが、
あまりはっきりしたことはわからず、
内視鏡(子宮鏡)検査の結果、
本来はつるんときれいな子宮内膜が、
私の場合、全体にモリモリ、凸凹していました。

その状態から、おそらく子宮内膜増殖症でしょうと。
細胞診と組織診をして、良性ならば、ですが。

子宮内膜増殖症とは、ごくごく簡単に言えば、
子宮内膜が、異常に増殖してしまう病気です。
生理でもキレイに剥がれ落ちず、腫瘍(ポリープ)のようになり、
過多月経や不正出血の原因となります。

悪性の腫瘍なら、子宮体癌ということになりますが、
子宮内膜増殖症の場合は、良性の腫瘍です。
ただ、良性といってもいくつかタイプがあり、
おかしな顔つきの細胞(異型細胞)があると、
子宮体がんの前がん状態とされ、ハイリスクになります。

幸い私は、良性で、異型ではありませんでした。
そして、妊娠しにくいのか聞いてみたところ、

「そうとは限らないよ。でももし将来、なかなかできないなって
 いうことがあったら、その時は、そのせいかもしれないと疑う、
 その程度。心配しなくていいよ。」

腺筋症っぽいから、早く子供産んだほうがいいよと言った
どこぞの医者とは大違いで、本当にホッとしました。

さて、肝心のモリモリした内膜ですが、
生理で自然に剥がれ落ちる場合もあるそうで、
自然に治ってしまうことも多いみたいで、
ピルを使って強めの生理を起こすことを
何周期か繰り返し、剥離を試みるという治療があります。

内膜掻爬をして器械的に掻き出す方法もありますが、
特に支障がない場合、経過観察でもいいようです。

当時28歳、独身で妊娠を急ぐわけでもなかった私は、
基礎体温をつけながら、薬による治療を何度かした後、
しばらくは、数ヶ月に1度、体温と顔を見せるだけでした。

そうなると、深夜まで残業し、やっとこ生活していましたので、
今と違って、体温を測るモチベーションも低く、穴だらけのグラフ。
受診が近づいてくると、やばっ、と頑張る始末で、先生にも
「お、やればできるじゃん。ここに来ると思えばできるなら、
 そのために来てもいいよ。」
なんて言われてました(笑)
先生はとても話しやすく、病気のことはさておき、
通院自体は全く苦になりませんでしたね。

結婚した今となっては大きな声ではいえませんが、受診し始めた頃、
当時の彼(今の夫ではありません、汗)と付き合い始めたのですが、
その時は本気でその人と結婚したいと思っていて、先生に、
「結婚して子供が欲しいから、ちゃんと治したいです!」
なんて言ったりもして(^^;

そこから先が傑作でした。
先生は、私の顔をのぞき込みながら、

「じゃ、つくっちゃえ^^」

「え、先生、それは順番が・・・(^^;」

「順番!?そんなの俺には関係ねーもん。」

予想もしない言葉に、びっくりしましたが、大笑いでした。

今思えば、早く産めとは決して言わないけど、
産みたいなら早く頑張ったほうがいいよ、っていうのが、
産婦人科医としての先生の本音だったのかなって気もします。


・・・と、そんなこんな、お気楽通院が続いていたのですが、
冬になり、弟が交通事故で入院したり、
夫と出会って急に結婚が決まったり、仕事の責任も重くなり、
嵐のように忙しくなり、体温なんてとても測れず、
痛くも痒くもないのに病院に行く時間が惜しくて、
年明けにサボってしまい、それから行きづらくなって、
2007年の初夏まで、実は1年半近く、そのままサボってしまいました。

なぜ重い腰を上げて受診する気になったかというと、
またカンジダ?という感じで痒みが治まらなくなっちゃいまして、
サボってたから罰が当たったのかなぁ・・・と、
恐る恐る病院へ足を運んだのでした。


(後編に続きます)


読んでくださってありがとうございます。
ランキング、よかったらポチっと応援お願いします^^



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マタニティーブログ 未妊へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 人工授精へ
にほんブログ村

婦人科と私2 出会い篇

不妊治療以前の、今の病院でのことを
少しずつ書いておこうかと思います。

まずは、出会い篇。

2005年5月に、健康診断でひっかかった貧血の精査のために、
総合病院の産婦人科を受診。当時28歳、独身でした。
当日、内科から回されたので、どんな先生がいるのかとか、
評判とか、全くわからないまま産婦人科へ。

問診表を提出し、しばらくたって呼ばれ、恐る恐る中へ・・・。
「よろしくお願いしまーす」と椅子に座って、
どんな先生かなーとドキドキしていました。


すると、振り向きざまに一言。



「惜しいな~、にんべんがなければ完璧だ。」



んんんっ?????



どうやら、私が手術歴に書いた「へんとうせん」の漢字が
微妙に違っていて、<偏>桃腺になっていたんですね。
先生のいうとおり、正しくは<扁>桃腺です。
自信はなかったのですが、平仮名で書くのもなんか恥ずかしくて
こんなんだったっけ~?とあてずっぽうで書いてみたんですが、
まさか、いきなり突っ込みが入るとは(^^;

一瞬、ん?と何を言われてるのかさえわかりませんでしたが、
変わったご挨拶に、思わず最初から笑ってしまいました。
奇襲作戦!?
若かったら、何この先生?って思ったかもしれませんが、
見た目がいかにもベテランで威厳たっぷりなので、
それもなかったし、緊張も解け、
ああ、こんな先生なら話しやすいなぁ、と安心したのでした。


こんなに長い、濃いお付き合いになるとは
夢にも思いませんでしたけどね。(苦笑)

いつか先生に赤ちゃんをとりあげてもらいたい、
それが私の、密かな夢だったりします♪


実は、ほとんど知識もないまま、
とりあえずブログランキングに参加してみたのですが、
ランキングが上がっていてびっくり!
実はたくさんの方が読んでくださっているのかと思うと、
いろんなこと考えたり悩んだりしているのは、
きっと私だけじゃないんだと思え、本当に嬉しいです。

本日も、よかったらポチっと応援お願いします^^



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マタニティーブログ 未妊へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 人工授精へ
にほんブログ村

婦人科と私

結婚したら子供なんてすぐできると思っていたのに・・・
というお話はよく耳にします。
授かり婚の人もたくさんいるし、
生理が順調で、健康なら、そう思うのが普通ですよね。
でも、そうはいかなかったりする。本当にやりきれません。

そういう私は、どうだったのかというと、
極めて生理は順調、3日遅れた時は焦ったものでした(苦笑)
今も、排卵がグズグズしようが、28,9日できっちりリセットします(泣)
とはいえ、婦人科とのお付き合いは意外に長く、
大きな病気はしてないのに、けっこうあちこち受診してきました。

私が初めて婦人科を受診したのは、まだ学生だった24歳の夏。
たぶん2000年、だったかな?
突然、生理が止まらなくなって、毎日2日目のようになり大慌て。
当時産婦人科勤務だった看護師の友人(今は助産師)に相談すると
「んー、子宮外妊娠とかでも出血するんだよねー」と。

ええええええ~~、そんな、どうしよう!!
親にも相談できないし、慌てふためき、某大学病院を受診しました。
ま、結局、ホルモンバランスの乱れでしょうってことでしたが(^^;
若い男の先生でしたが、感じもよく、恥ずかしさもなく幸いでした。
中容量ピルの副作用がきつくて大変でしたが、薬を変えてもらい、
無事に出血も止まり、それからは何事もなく、ひとまず終了。

その後、カンジダになったことがありましたが、
「かゆいんです」と大学病院を受診するのはなんか恥ずかしくて、
評判を聞き、近くの産婦人科へ。
肝っ玉母さんみたいな、気さくな女医さんでした。

就職1年目の冬、劣悪な労働環境でくたくたでしたが、
仕事中に夜遅く、急に脇腹が猛烈に痛くなり、顔面蒼白。
上司2人に抱えられて、近くの市民病院に運ばれました。
が、コントのように、着いたら治まってしまい(恥)

結局、何が原因だったのかわからずじまいでしたが、
採血の結果、貧血が酷いので(ヘモグロビンが6.4)、
体のどこかから血が出ている可能性があるので、
婦人科と消化器科を受診するように言われました。
胃カメラをするも異常なし。次いで、婦人科を受診しました。
(就職で引っ越したので、肝っ玉母さんの所には行けず)

その病院(総合病院)の産婦人科の先生は、私にとって最悪でした。
子宮の状態も良くなかったのかもしれませんが、
内診され押されるとものすごく痛く、
「子宮腺筋症かも、というか腺筋症ぎみ」というあいまいな診断。
挙句、「まぁ、MRIでお金かけて調べても、結局どうしようもないし、
こんなこと言っちゃいけないけど、早いとこ子供産むことですよ。」

お腹の痛みも相まって、悔しさと怒りでいっぱいになりました。
爺さんあんたねぇ、あたしはやっと社会に出て必死にやってるんだよ、
倒れて、どこかおかしいっていうから、調べてもらってるんじゃないか。
もう二度と来るもんか、と涙ながらに病院を後にしました。
私は子供が産めないのかもしれない、という不安だけが残りました。

その後、カンジダ再発か何かで、当時の家の近くの産婦人科を受診。
ホテルにしか見えない、ジムまでついた豪華な洋館の産院でしたが、
優しい、お母さんみたいなベテランの女医さんでホッとしました。
そして当時、中間期の出血が気になりだしていたので、
その病院の分院のレディスクリニックに行ってみました。
男性の先生に変わりましたが、とっても穏やかで優しい先生でした。
心配な出血ではないが、止めてあげるのが原則ということで、
ピルを使って、出血しない状態をしばらく作れば、
その状態を子宮が覚えて、出血しなくなるかもしれない、
と、ピルの服用を開始。

やがて体制が変わって、今度は若い女医さんに変わったところで、
うっかり1日、ピルを飲み忘れちゃったんです。
そうしたら、ものすごいヒステリックに怒られました。
私の女医嫌いは、この時に起因します(^^;
こんな言われ方してまで治療しなくてもいいや、と
それを機に通院をやめてしまいました。

その後、転職、また引越し。
鉄剤で一度は回復した貧血でしたが、貯金は減る一方のようで
深夜まで夢中で仕事していたのがたたったのか、
翌年の健康診断で、要観察、翌々年には8.8で要受診となりました。
えへへ、疲れやすいのは怠け病じゃなかったのね~(笑)
なんて言ってちゃいけません。
貧血は放っておくと心臓に負担がかかるそうです。

健診した病院の内科を受診し、鉄剤で無事に数値も戻ったところで
「生理が多かったりしますか?婦人科受診します?」と内科医。
総合病院の婦人科か・・・あの嫌な思いがよみがえって、
やめようかと思いましたが、今はまたかかりつけもないし、
試しに行ってみるかと勇気を出して、恐る恐る婦人科へ。

2005年のことでした。
そこで出会ったのが、今もお世話になっている先生です。

長くなったので、この続きは、また。
先生のオモシロ爆弾発言なんかも書こうかと思います。



読んでくださってありがとうございます。
ランキング、よかったら応援してください。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マタニティーブログ 未妊へ
にほんブログ村
プロフィール

Clara♪

Author:Clara♪
2年間の不妊治療を経て体外受精で妊娠したものの、全前置胎盤で3ヶ月の長期入院。2011年5月になんとか長男を2225gで出産しました。

2013年2月、凍結胚移植にて二人目を妊娠、出産予定日は11月13日…といっても帝王切開なので、10月下旬に出産予定。

ピアノを弾いていましたが現在は子育て専業状態の36歳です。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング参加中
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精から妊娠へ
にほんブログ村 マタニティーブログ ハイリスク出産へ
Pink Ribbon 2010
検索フォーム
お気に入り
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。